耐震・耐火・耐風に優れた次世代工法を学ぶ8日間 @アースバッグ建築WS和歌山

 30,2016 20:20

今回の熊本地震の震源の近くにはアースバッグが3棟建っていましたが
現地からはどのアースバッグも被害はありませんでした。アースバッグが受けた最大震度は6弱です。
 
アースバッグ工法の強さの自負はありましたが、今回の震度6弱を受けても被害を見受けられない事から災害にも負けない屈強な構造だと改めて認識しました。
 
また、「滅多に起こらない大きな地震」”震度6強〜震度7”の地震に対して倒壊しないという”新耐震基準”の定めた基準をクリアし、近い将来にアースバッグ工法が認可される日も遠くないと感じています。
 
〈新耐震基準について参考サイト〉
http://www.newton-consulting.co.jp/…/new_earthquake_resista…
 
このたびの地震により被災した方々に心よりお見舞い申し上げます。
 
その上で改めて”耐震・耐火・耐風”という自然災害に強いアースバッグ工法をより多くの方に知っていただきたいという想いです。
 
熊本で開催する予定だった第9期アースバッグ建築ワークショップは和歌山に変更になりましたが、まだ空きはございますのでみなさまのご参加をお待ちしております。

-----------------------------
【第9期アースバッグ建築ワークショップ】
◯日時;5月14日(土)〜21日(土)
◯場所;和歌山県和歌山市
◯詳細はこちら;http://earthbag.jp/workshop.html
 
・アースバッグ工法を学びたい
・セルフビルドで空間を建てる技術を知りたい
・”土”という今までとは違った構造を学びたい
・曲線を描くアートな空間をつくりたい
・100年、200年代々引き継ぐ”マイホーム”を建てたい
・耐震・耐火・耐風のシェルターづくりを学びたい
 

12745749_974333779314357_1691753787321266199_n.jpg
SAIHATE09.png

Comment 0

Latest Posts