”家=四角”の常識を覆す、アーチ構造のアースバッグ工法のおうち】

 05,2016 12:18
建物というと”四角、直線”というのが一般的ですが、
アースバッグ工法でつくるおうちはその常識を覆します。
 
土嚢袋を積み上げるという工法故、直線よりもアーチを描く空間作りが得意なのがアースバッグ工法です。
陶芸の手びねりのをイメージしてもらえば分かりやすいでしょうか。
 
今回はアースバッグ工法の主な形をイラストにしてみました。
ベーシックなドーム型から、発展型のアメーバ・ミックス型までアースバッグでつくる空間はアイディア次第です。
 
この自由な形状を生かして、自分だけ”秘密基地、タイニーハウス”をつくれたら...と夢が膨らみます。
単体のアースバッグハウスは”小人の家(ホビットハウス)”のようでとても可愛らしく、森の中にぽつんと建っている姿はおとぎの国へ行ったかのようです。
 
もちろんアースバッグ工法で大きな空間をつくることもできます。
単体を大きくすることも可能ですが、イラストにあるようにアメーバ・ミックス型などで単体ドームを連結して大空間にすることが可能です。
住宅、店舗、芸術空間など用途に合わせて様々な演出ができます。
 
アースバッグは強い構造ではありますが、注意が必要な構造もあります。
例えば、ドーム型は重力を地面に受け流す構造ですが、半円型や卵型は重力を受け流せないため”サポート(補強)”を加えます。
どの建築も同じですが自由な表現をするには、しっかりと構造を理解し考慮しなければなりません。
 
日本アースバッグ協会では、アースバッグハウス制作のサポートを行っています。
アースバッグが日本にやってきて数年、多くの方にアースバッグを知っていただきたいと思いワークショップを展開してきました。
ワークショップでは参加者の方が技術を持ち帰ることに重きをおき、その後のサポートも行っております。
 
今年は9回目になります。アースバッグへ興味のある方、ご参加お待ちしております^^
また、わからないことなどありましたらお気軽にお問い合わせください。
 
〈第9期アースバッグ建築ワークショップ〉
◯日時:2016年3月26日〜4月2日
◯場所:熊本市西区河内町
◯詳細:http://earthbag.jp/workshop.html

eb00.png

 
 

Comment 0

Latest Posts