スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 土嚢袋からネットチューブへ、さらにはナチュラル素材へ アースバッグの袋(バッグ)を選択する時代?! 】  

 18,2018 16:45

アースバッグ=土嚢袋というイメージを覆した、前回のワークショップにて確信を得たネットチューブ式アースバッグ。
見た目も土嚢袋の白とは違い、中身のアースミックスが見える為、”土の家”というのがわかりやすい見た目にもなりました。
 
日本や本場カリフォルニアでは土嚢袋が一般的ですが、韓国や南米では一般的にネットチューブが使われているようです。
 
この両方はどちらにも良さがあり、袋の選択は製作者の好みにもよると思いますが
そもそも土嚢袋であれ、ネットチューブであれ、袋は主材を固めるための”型枠でしかない”というのがポイントです。
 
袋=強度ではなく、主材が固まる間の枠なのです。
その為、袋は”なんでも良い”と言ってしまえばなんでも良いのです。(もちろんアースバッグの型枠という役割を果たせる袋ならという条件の元ですが)
 
あとは、詰めやすさや素材へのこだわり、その後の仕上げのしやすさ、価格等で袋のチョイスをする必要があります。
 
現在、日本ではナチュラル素材を使用した袋での研究も始まっています。
今年中にワークショップにて、ナチュラル素材の袋も参加者の皆さんと試せる可能性もあります。
 
そうなると、3種類での袋のレクチャーが行われ、各々の好みや趣向にあった袋を選ぶような形になるのかもしれません。
もちろん袋が変わっても、アースバッグそのものの考え方や主材は変わらないので、今までワークショップを受けた方も土嚢袋以外で製作することは難しい話ではありません。
 
また実験結果をレポートしていきたいと思います。乞うご期待☆
 
《2018年春のワークショップ、受講者募集中!》
●2018年3月3日〜10日、熊本市西区にて
http://jeba.blog.fc2.com/blog-entry-116.html

 
IMG_5448.jpg

17309194_1296853397062392_8718895605572852614_n.png


---------------------------------------
日本アースバッグ協会〜JEBA〜
▶ サイト; http://earthbag.jp/
▶ お問い合わせ; earthbag.japan@gmail.com

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。