30,2016 耐震・耐火・耐風に優れた次世代工法を学ぶ8日間 @アースバッグ建築WS和歌山 READ MORE

 26,2016 ワンツーグループ@滋賀、無事に終了しました! READ MORE

 23,2016 拡散希望!!地元ボランティアと一緒に創り上げるアースバッグ応急仮設住宅プロジェクトの提案 READ MORE

 21,2016 第9期アースバッグ建築WSの開催地を”和歌山”に変更しました READ MORE

 15,2016 ワークショップ開催まで残り1ヶ月/及び”昨夜の熊本地震の報告” READ MORE

welcome-image-photo
今回の熊本地震の震源の近くにはアースバッグが3棟建っていましたが現地からはどのアースバッグも被害はありませんでした。アースバッグが受けた最大震度は6弱です。 アースバッグ工法の強さの自負はありましたが、今回の震度6弱を受けても被害を見受けられない事から災害にも負けない屈強な構造だと改めて認識しました。 また、「滅多に起こらない大きな地震」”震度6強〜震度7”の地震に対して倒壊しないという”新耐震基準”の定...
滋賀でのワンツーグループワークショップが終了しました。約4日間の作業で2.5mドームの躯体が完成! さすがは建築のプロの集まり、スピードが速いです。 滋賀のアースバッグは今後、どのような仕上がりになっていくのでしょうか?乞うご期待!...
わたしたち、日本アースバッグ協会は” 未来のシェルター” と呼ばれる 土のうより構成する構造体” アースバッグ工法” の普及活動を 熊本県宇城市を拠点に、2012 年より発足し日本全国で活動を行ってきました。 アースバッグ工法は海外では” 緊急土のうシェルター” としての事例があり、 カリフォルニア州にあるカルアース研究所により研究が進められ軍やNASA からも注目を集める次世代建築工法です。 今...
5月のアースバッグ建築WSを熊本にて開催する予定でしたが開催地に影響はないものの、余震も続き、交通のアクセスも乱れていることから”開催地の変更”を決定いたしました。開催地は”和歌山”になります。【新しい開催地のアクセスについて】◯宿泊場所;和歌山市砂山南2-5-25◯アースバッグを作る場所;和歌山市湊御殿1-5-30〈アクセス方法〉南海電鉄和歌山市駅より車で10分、徒歩30分JR和歌山駅より車で20分、徒歩1時間高速バスで...
昨日は開催地である熊本にて大きな地震がありました。九州のみなさまのご無事を祈るばかりです。震度6度強の地震をうけた熊本県宇城市三角のエコビレッジSAIHATE、熊本市西区河内町∩onnemのアースバッグは共に無事との報告です。この2つのアースバッグハウスは共にドームの形状なのでアースバッグの中でも最も強い形状です。お互いが支え合っている形状なので、地震の揺れで倒れこんでくる心配がありません。地震の少ないと言われ...