12,2017 【 日本でEARTH BAG工法を学べるワークショップ、申し込み締め切りまで残り1週間です 】   READ MORE

 03,2017 【 自分の家は仲間とつくる、我が家をセルフビルドする時代に「土の家」という新しい提案 】   READ MORE

 26,2017 【 申込期間延長!@第12期アースバッグ建築ワークショップ 】   READ MORE

 11,2017 【 アースバッグWS、参加枠まだあります!@第12期アースバッグ建築WSin熊本 】   READ MORE

 28,2017 【 新しいアースバッグ工法への研究、野菜ネットでアースバッグ?? 〜第12期WSで”2つ”のアースバッグ工法を学ぼう!〜】 READ MORE

welcome-image-photo
今回で12回目となるアースバッグ建築ワークショップは今までに100名以上の方が参加して来ました。 可愛い見た目にインパクトのあるアースバッグハウスは、草の根運動でアースバッグファンも年々増えて来ているのを感じています。そんな日本アースバッグ協会設立5年目の第12期WSは、今までに多くのアースバッグプロジェクトを手がけて来た@小堺康司の土地にて行います。 今回のワークショップではモノづくりマルチビルダー兼アー...
DIYブームから始まった、専門ではない人(=建築や大工が生業ではない人)がモノづくりをするという新しい暮らしのカタチ。 棚やテーブルなどの家具から、もはや我が家として小屋を建てるという規模まで”DIY”の範囲は広がりを見せています。 小屋制作は木造やコンテナが主流の中、ココではアースバッグ工法という「土の家=地球のおうち」を提案しています。 直線のない丸っとした可愛い見た目、でもシェルターとしての役割もあ...
11/23〜11/30に開催されるアースバッグ建築ワークショップは参加枠がまだ残っていますので、開催1ヶ月を切りましたが引き続き申込を受け付けています。 年に2回のアースバッグ建築ワークショップ、この機会に「土で作る未来のおうち、アースバッグ工法」を学びませんか? 8日間のWS期間で、アースバッグ工法のAtoZが学べます。また講師も参加者も衣食を共にするので、アースバッグ技術以外にも人と人が繋がるWSです。 日本では...
11月23日から始まる、8日間のアースバッグワークショップでは アースバッグ工法のベースからドームを作るコンパス、混合土のミックス方法、その割合、そしてメイン作業であるバッグに混合土を詰める”バギング”などなど、アースバッグ工法の基本を学ぶことができます! 8日間でアースバッグ工法が学ぶことができ、実際にWSを受講し、技術を持ち帰り、自分の土地に建てている方もおられます。 女性の方や体力に自信がない方も大丈...
アースバッグというと「土嚢袋」というのが一般的ですが、世界では「土嚢袋以外」のロングチューブバッグを使用している例も見られます。 去年の冬、韓国のアースバッグ事情を視察しましたが韓国では土嚢袋ではなく『野菜ネット』を使用しているとのことでした。 11月に開催されるワークショップでは土嚢袋だけでなく、『野菜ネット.ver』のアースバッグも登場します! 野菜ネットはガテン系のアースバッグ作業に耐えられるのか...