12,2017 【 日本でEARTH BAG工法を学べるワークショップ、申し込み締め切りまで残り1週間です 】   READ MORE

 03,2017 【 自分の家は仲間とつくる、我が家をセルフビルドする時代に「土の家」という新しい提案 】   READ MORE

 26,2017 【 申込期間延長!@第12期アースバッグ建築ワークショップ 】   READ MORE

 22,2017 【 可愛くて強い、セルフビルドできる地球のおうちを作ろう! @アースバッグシェルター/earth bag shelter 】 READ MORE

 18,2017 【 アースバッグでよく聞かれることに答えます!!《第3の質問》;実際アースバッグって建築基準法的にどうなの? 】 READ MORE

 11,2017 【 アースバッグWS、参加枠まだあります!@第12期アースバッグ建築WSin熊本 】   READ MORE

 11,2017 【 アースバッグでよく聞かれることに答えます!!《第2の質問》;アースバッグは湿気がすごい?湿気の多い日本には適さないんじゃない? 】 READ MORE

 05,2017 【 アースバッグでよく聞かれることに答えます!!《第一の質問》;アースバッグは土だから安いんでしょ? 】 READ MORE

 03,2017 【 LOG HOUSE MAGAZINE「あるといいよね。小屋のすゝめ」にアースバッグが取り上げられました!】   READ MORE

welcome-image-photo
今回で12回目となるアースバッグ建築ワークショップは今までに100名以上の方が参加して来ました。 可愛い見た目にインパクトのあるアースバッグハウスは、草の根運動でアースバッグファンも年々増えて来ているのを感じています。そんな日本アースバッグ協会設立5年目の第12期WSは、今までに多くのアースバッグプロジェクトを手がけて来た@小堺康司の土地にて行います。 今回のワークショップではモノづくりマルチビルダー兼アー...
DIYブームから始まった、専門ではない人(=建築や大工が生業ではない人)がモノづくりをするという新しい暮らしのカタチ。 棚やテーブルなどの家具から、もはや我が家として小屋を建てるという規模まで”DIY”の範囲は広がりを見せています。 小屋制作は木造やコンテナが主流の中、ココではアースバッグ工法という「土の家=地球のおうち」を提案しています。 直線のない丸っとした可愛い見た目、でもシェルターとしての役割もあ...
この映像は2012年にエコビレッジサイハテの工藤シンクが撮影編集した初期のアースバッグ建築WSの様子をまとめたプロモーションビデオです。 ”日本のアースバッグはコレから広がり、ココから日本アースバッグ協会=JEBAが誕生しました。” 映像を見てもわかるようにまだロングチューブではなく、通常の土嚢袋を使用するシングルバッグ工法ですね。 この映像が撮影されたのは5年前、5年間でアースバッグ工法もどんどん進化して来て...
11/23〜11/30に開催されるアースバッグ建築ワークショップは参加枠がまだ残っていますので、開催1ヶ月を切りましたが引き続き申込を受け付けています。 年に2回のアースバッグ建築ワークショップ、この機会に「土で作る未来のおうち、アースバッグ工法」を学びませんか? 8日間のWS期間で、アースバッグ工法のAtoZが学べます。また講師も参加者も衣食を共にするので、アースバッグ技術以外にも人と人が繋がるWSです。 日本では...
アースバッグで作る空間は可愛いだけじゃなく、災害から身を守るシェルターにもなります。実際、発祥の地カリフォルニアでは災害シェルターとしても制作が進んでいます。 アースバッグハウスの基本形状でもあるドーム型はカテナリー曲線を上下逆向きにしたもの。これは全ての部位に力がかかることにより、力学的に安定する形状です。 有名なものではガウディの作品に多く取り入れ、自然界では蜘蛛の巣にもカテナリー曲線が見られ...
最後の質問は、「建築基準法」について。本格的にアースバッグ工法での飲食店や宿泊業の経営を考えている方は一番気になるポイントかと思います。 まず現在日本で認められている構造は”木造・鉄骨造・RC造”の主に3つですが、アースバッグ工法が発案されておよそ25年、日本で普及活動が行われて5年目というまだ若手のアースバッグ工法は上記の3つの構造のどれでもなく、日本の建築基準法にはまだ載っていないというのが現状です。...
11月23日から始まる、8日間のアースバッグワークショップでは アースバッグ工法のベースからドームを作るコンパス、混合土のミックス方法、その割合、そしてメイン作業であるバッグに混合土を詰める”バギング”などなど、アースバッグ工法の基本を学ぶことができます! 8日間でアースバッグ工法が学ぶことができ、実際にWSを受講し、技術を持ち帰り、自分の土地に建てている方もおられます。 女性の方や体力に自信がない方も大丈...
さて、コストに引き続き聞かれるのが『湿気について』です。アースバッグと検索すると予想変換に「湿気」というキーワードが出て来てしまうほどこの印象が強いようです。 一言で言ってしまえば、アースバッグには完成から1〜2年は水気があると考えているため湿気対策が必要です。(水気がはけていく期間は土地の日当たりにもよります)と、いうのも混合土を叩き締める際、重要なのが”水分量”なのです。水分を入れて積み上げていく...
さて、今日から3回に分けて「アースバッグについて、よく聞かれること」を書いていきたいと思います。 多くの方から聞かれる質問は、「アースバッグって土で作るから安く作れますか?」です。ポイントに分けて説明していきましょう!  ●ポイントその1;《躯体後の予算、仕上げのための材料費を考慮する》アースバッグ工法は土を主材とするため「土=どこにでもある素材=安い」というイメージがありますが、土を硬化させ、強度...
9月30日より発売されているログハウスマガジン11月号、「あるといいよね。小屋のすゝめ【広がる世界編2】」にて”アースバッグ工法”について取り上げていただきました。 アースバッグ工法の手順から、特徴、注意点等、わかりやすく解説していただいています。 全国書店にて販売中、ぜひ手にとってみてください♪  ---------------------------------------日本アースバッグ協会〜JEBA〜▶︎ サイト; http://earthbag.jp/▶︎ お問い...