09,2019 【 住宅メーカーにマイホームを依頼するのではなく、『自分で我が家を建てたい!=セルフビルドしたい』方へ★ 】 READ MORE

 09,2019 【 女性も子どもも参加できるアースバッグ工法◎(いっそのこと、女性と子どもだけでも作れちゃう?!) 】 READ MORE

 09,2019 【 木でもコンクートでも鉄骨でも無い、『土』の家に住む心地良さ 】 READ MORE

 24,2019 【 SpecialなEarth Bagワークショップ、第2回JEBAスクール開催まで残り1ヶ月! 《明後日までの申込で2万円割引☆》】 READ MORE

 16,2019 【 私たちの目指す《アースバッグ像》を語る☆ 〜モノづくりの敷居を下げる、”みんなで”できる新しい工法〜】   READ MORE

 11,2019 【 プロビルダー3人でアースバッグを積むと3日でこうなる?! 】 READ MORE

 03,2019 【 アースバッグスクールで学べること♦︎〜積む作業はもちろん土のテストから防水処置まで〜 】 READ MORE

 31,2019 【 Airbnbでレビュー500件越え!しかも★5をキープするアースバッグホテル 】 READ MORE

 26,2019 【 世界でもどんどん広まる、アースバッグワールド! 】 READ MORE

 22,2019 【 日本では明治時代から”アースバッグ=Super Adobe"が使われていた?! 】   READ MORE

welcome-image-photo
セルフビルドする家は、自分で間取りから素材まで選べる楽しさはもちろん、愛着のある我が家になることは間違いない。 けれど、セルフビルドで怖いのは何か一つ欠けてしまったことで、建物の機能が低下したり、やり直しで費用や時間が余計にかかってしまうこと。 そこも含め「愛着」ですめば良いですが、雨漏りしたり扉の建てつけが悪かったり…せっかくのマイホーム、家としての機能はちゃんとしたものにしたいですよね。 アー...
アースバッグ工法って現場は結構ガテン系?なイメージもあるので「本当に女性もできるの?」、と思う方もいるかもしれませんが…できます! だって、私はアースバッグビルダー4年目です!ガンガン現場もやってます♪ あまり自分のことを紹介することはないのですが、女性もアースバッグをできるの?という疑問を晴らすため(?)、少し自分のことについて書いてみます。 もともとセルフビルドに興味があったのですが、友人の誘い...
日本で「家」というと「木造かコンクリ造か」という2択が大枠です。しかし皆様知っての通り、アースバッグはこのどちらでもなくメイン素材は『土』でできています。 土造建築は今となっては日本ではなかなか見かけません。日本にある中では土蔵が一番”土の建築”に近いかもしれませんが、土蔵もあくまで骨組は木を使用しています。 土は英語で”Earth”、地球と同じ言葉を使います。木やセメントも元をたどれば地球から成るものです...
前回好評だった”JEBAスクール”が2回目が3月末より開催されます。 前回はシンプルなドーム制作でしたが、今回は”アースバッグ×ジオデシック”と組み合わせることもあり、基礎はもちろん応用まで体験できるスペシャルワークショップです! 開催期間は1ヶ月ですが、引き続きジオでシックドームやアースシップシステムの制作・内外装の仕上げも行うので学びたい内容に合わせて期間を調整して参加していただくことも可能です。 こんな...
日本アースバッグ協会(=JEBA)設立から今年で8年目。今までに多くのことを試みて、日本におけるアースバッグ工法の発展を目指してきました。 8年目に突入し、日本のアースバッグ工法はどうあるべきか?そのポイントは「いかに”シンプルに”できるか」です。 アースバッグ工法は、かなり原始的に主な原動力は”人力”です。だからこの作業大変、機械化したら”楽”なんじゃないの?そんな声も現場で上がるわけです。 でも、アースバ...
次回JEBAスクール開催地、”熊本アウトドアフィールド のんねむ"では2月ではありますが…アースバッグ積んでます! 今回は部屋ではなく、アウトドアキッチンの為の”壁”をアースバッグで制作。階段、ベンチのエクステリアまでアースバッグでベースを制作しました♪ 実はこれ《3日》で、しかも《3人》で積みました! メンバーは次回JEBAスクールの講師&スタッフ、プロビルダーが集まればあっという間の上棟でした! しかも、面白い...
 ”アースバッグ”というと「袋に混合土を入れて積み上げる」という部分のイメージが強いですが、アースバッグ完成までの工程で、この作業は1/4ほどにしか過ぎません。労力的にも1/3ほどです。 もちろんメイン作業はこの「袋に混合土を入れて積み上げる」になりますが、実はこの前後にも重要な工程があるのです! まず前段階として、『使用する土に適した配合を見つけること』=”JARテスト”と呼ばれる作業です。 日本にも様々な...
アースバッグの本拠地、米国カリフォルニア州にあるアースバッグホテル。 なんとAirbnbで500件ものレビュー、そして★★★★★という最強ホテルなんです。 過去の記事では”スターウォーズ”気分になれる宿にも取り上げられており、人気を集めているようです。 アースバッグ独特の空間と壮大な景色がこのホテルの売りなんだとか♪ しかし、意外にアースバッグのホテルって世界でも少ないんです。Airbnbでもアドベやコブハウスはあれど...
さて前回は日本の三和土という明治時代から伝わる土文化を紹介しました。日本では三和土を取り入れたアースバッグやオーガニック素材での研究が進む中、世界各国でも”国それぞれ”個性的なアースバッグが年々増え続けています。 ナチュラルテイストに仕上げられたアースバッグ、セメント系でバシッと決めたモダンタイプ、基本的なドーム形状から円筒型、アメーバ型。 製作者によって、形状やテクスチャが大きく変化するのもアース...
「三和土」これ、なんと読むかわかりますか? 日本では明治時代、セメントのない時代「三和土」という素材が地面を固める素材として使われていました。土間として使われていただけでなく、用水路などの工事にも用いられていました。 「三和土」は「タタキ」と読み、土を叩いて固めるから「タタキ」と読み、土と消石灰、にがりと3つの素材を混ぜていたことから「三和土」という漢字が当てられています。 まさに”Super Adobe”です...